企業分析

ソリトンシステムズ(銘柄コード:3040)は投資対象としてどうか?いま話題のセキュリティ関連銘柄について調べてみた

投稿日:2020年9月5日 更新日:

どうも、井上です。

今回は、銘柄コード3040
株式会社ソリトンシステムズ
について解説します。

父が注目しているソリトンシステムズ、その実態は?

ソリトンシステムズは、
セキュリティ関連会社として
父が注目している銘柄です。

コロナ禍における
テレワーク拡大に伴い、
セキュリティ関連事業が伸びる
期待しています。

3月5日に計2000株購入し、
いったんは底を打ったものの
その後、順調に値上がりしています。

ただ、長期で見ると
2000円付近
目先の天井のように思えます。

業績もそんなに
伸びていません。

8月6日のニュースで、
経常利益が前年同期比5倍で好感
と取り上げられていましたが、

冷静に考えてみましょう。

去年の第2四半期の経常利益は
1億900万円、

今年の第2四半期の経常利益は
5億4900万円と

確かに、
5倍」には
増えています。

ただ、
そもそも比較対象である
去年の「1億900万円」、

これは
1月から6月までの
累計の数字です。

そして、
その年の第1四半期の経常利益が
3億1700万円
でした。

差し引くと、
第2四半期(4~6月)だけの数字で見れば
2億800万円の赤字
だったわけです。

「前年同期比5倍」
といえど、

そもそも前年がたいしたことなかったのですから
そこまで好材料とは言えない、
ということですね。

財務分析

次の表は
直近3期分(2018~2020年)の
第2四半期 財務分析表です。

(クリックで拡大します)

父によると、

前受収益が大きいのは
たぶんセキュリティーサービス料を
前払いで受け取っている
からだろうね

だから資金繰りの面では
楽なタイプの事業
だと思う

とのことでした。

財務体質は
悪くなさそうですが、

やはり
売上がほとんど伸びていない
のが気になります。

長期で見ると
むしろ売上は減っていますね。

これはマイナスポイントです。

市場でのサイバーセキュリティに対する関心の高まり

8月26日に
次のようなニュースが出ていました。

(クリックで拡大します)

みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サイバーセキュリティ 」が5位となっている。

前日25日、「国内の38社が不正アクセスを受け、VPN情報が流出していたことが分かった」と複数のメディアが報じたことから、株式市場でも改めてサイバーセキュリティーに対する関心が高まっている。

記事の後半のほうに、
VPN関連のサービスを展開する銘柄として
ソリトンシステムズの名前が入っています。

父によると、

VPNとは
Virtual Private Network
頭文字を取った用語で

あくまで
プライベートネットワークなので
安全と思われていた

ところがこれが
安全ではないということが分かってきて
セキュリティー上大変な問題になっている

安全と思われていた
VPNにリスクがあると思われると、
一般の会社はリスク管理の仕方が分からないので

どうしても
セキュリティ会社の提案通りの対策と費用
負担せざるを得なくなるだろうね

このサービスの料金が高いか安いか?
相見積もりをとっても
比較が難しいと思う

とのことでした。

まとめ

ソリトンシステムズの
これまでの業績はイマイチですが、

VPNなどに対する
セキュリティー対策の特需が期待され、

株価も
父の狙い通り(?)急騰しているので、

半分を利確売り
残り半分を当面はホールドのスタンスで
いく予定です。

ただ、私としては

セキュリティ関連事業が
これから伸びる
という意見には
賛成ですが、

数あるセキュリティ関連会社の中から
あえてソリトンシステムズを選んだ理由
わからないため、

ソリトンシステムズよりも
もっと伸びそうな会社がないか
調べるべきだという判断です。

手始めに、
VPN情報流出のニュースで
セキュリティ関連会社の名前が
たくさん挙がっていた
ので、

その中から
投資対象に値する銘柄があれば
父に提案していきたいと思います。

今回の分析は以上です。
ありがとうございました。

-企業分析
-,

執筆者:

関連記事

株式会社ラクーンホールディングス(銘柄コード:3031)について分析してみた

どうも、井上です。 今回は、銘柄コード3031株式会社ラクーンホールディングスについて解説します。 皆さん、ラクーンホールディングスという会社をご存知でしょうか? ラクーンホールディングスは「スーパー …

ダブルスタンダード(銘柄コード:3925)の株価が急落!そんなに悪い決算内容だったのか?

どうも、井上です。 今回は銘柄コード3925株式会社ダブルスタンダードについて解説します。 目次1 ダブルスタンダードとは2 四半期分析3 SBIとの提携4 まとめ ダブルスタンダードとは 皆さん、ダ …

サイバーセキュリティクラウド(4493)について分析してみた【菅内閣が推進するDX銘柄にドンピシャ】

どうも、井上です。 今回は、父の要望によりサイバーセキュリティクラウド(4493)について分析してみました。 目次1 企業概要2 財務分析3 株主構成4 まとめ 企業概要 皆さん、サイバーセキュリティ …

スマレジ(銘柄コード:4431)がまさかの爆伸です

どうも、井上です。 以前、YouTubeで「スマレジが下がりそう」という動画を出しましたが、 その後、まさかの爆伸です。 この上げは、父も私もまったく予想できませんでした。 いったい何があったのでしょ …

クラウドワークス(銘柄コード:3900)の株価が急落!そんなに悪い決算内容だったのか?

どうも、井上です。 今回は父の要望によりクラウドワークス(銘柄コード:3900)について分析してみました。 目次1 クラウドワークスとは2 財務分析3 まとめ クラウドワークスとは 皆さん、クラウドワ …

プロフィール

井上卓也(いのたく)
公認会計士の父を持つ。
資産にして数億円の株を持つ父だが、
その実態は、銘柄を管理しきれていないズボラな投資家だった。
膨大にあるこの銘柄たちを、息子は管理しきれるか?
はてしない株式投資との戦いが、いま始まる。