企業分析

今が売り時?父が注目している5銘柄について調べてみた

投稿日:2021年2月22日 更新日:

今回は、お父さんが注目している
5銘柄について調べてみたよ

よろしく

ダイキン工業(6367)

ダイキン工業は、
エアコンで世界首位級の会社です

大阪発
有名な会社だね

うるるとさらら」のブランド名でも分かるように、
給水しなくても空気から水分を取り入れて加湿する特許
を持っているところが圧倒的な差別化要因

業務用だけでなく家庭用にも進出し、
パナソニックや日立などを凌ぐ
高級ブランドとして確立されている

中国市場でも富裕層の間では
人気商品になっているようだ

過当競争のエアコンメーカーの中で、
一番技術力があると見ています

ここ7~8年は
株価がずっと右肩上がりで推移しています

お父さんはコロナショックで急落したあと、
徐々に買い増しして今は500株持ってますね

コロナ前は高株価だったけど、
たまたまコロナショックで値下がりしたのを見て、
大量買いできたのが良かったと思う

通期売上高は
右肩上がりで推移しています

海外で活躍しているのが大きいね

通期利益推移はこんな感じ

黒字経営で
優秀な会社です

PERは44.74倍です

業種的には割高だけど、
海外での伸び代が計り知れないから
全然割高じゃないと思う

PBRは4.32倍です

ちょっと高めかな?

信用倍率は2.25倍です

時価総額は約6兆7000億円で、
東証の中では上位20位以内に入ります
(2021/2/19時点)

日本を代表する企業といっても
過言ではない

空調事業以外にも
化学事業フィルタ事業を行なっています

ですが売上のほとんどは
空調事業です

まぁそうだろうね

150カ国以上に事業展開し、
海外での売上は全体の77%を占めるそうです

まさにグローバル企業だね

空調事業の地域別売上比率は
次のようになっています

アメリカが一番多くて
次に日本、そしてヨーロッパ中国だね

2月18日、ダイセルと共同で
菌やウイルスの遮断性を高めた
透湿膜全熱交換エレメント
を開発したと発表しました

これは業務用と家庭用の両方とも
かなり需要があるとみている

今後コロナが収束しても
毎年インフルエンザのように
変種型コロナが出現する可能性があり、
空調の感染対策は標準装備化するとみています

ダイキンののエアコンは給水なしの加湿機能だけではなく
換気機能付きのものもあり、
換気しながら加湿・除湿を一台で済ませることができる
優れものなので気に入ってます

ダイセルとの共同開発により
さらに特許・技術で差別化が進むので、
投資判断はホールドです

ソニー(6758)

ソニーは皆さんご存知のとおり、
AV機器大手の会社です

ほかにも
エンターテインメント金融など
幅広く手がけているね

株価は約20年前にピークをつけたあと、
ここ5年くらいで再上昇しています

2000年はインターネットバブルが
崩壊した年
だね

お父さんは2年以上前からこの株を持っていて、
2019年に700株売りましたが、
2020年に計800株買い増ししましたね

そして7月に200株売っちゃったけど、
まだ残り800株あります

通期売上高は横ばいで推移しています

純利益はかつて赤字でしたが、
最近は順調に右肩上がり黒字です

PERは13.54倍です

数年来高値を更新しながら
この水準
なのだから、割安と言える

PBRは2.74倍です

こちらもそんなに高くないね

信用倍率は4.07倍です

時価総額は約15兆円で、
国内では5本の指に入ります
(2021/2/19時点)

まさに日本を代表する企業と言える

売上の構成比はこんな感じです

まぁ、イメージ通りだね

地域別の売上高は
このようになっています

日本に次いで
アメリカ、ヨーロッパ、中国の順番だね

東証だけでなく
ニューヨーク証券取引所にも上場しています

株主の半数以上が外国人です

海外での認知度が圧倒的だね

関連会社のエムスリーや、
「鬼滅の刃」のアニメを製作している
孫会社のANIPLEXなど、
何かと話題豊富な会社です

数年来高値を更新してもなお、
予想PERは13倍と割安なので、ホールドです

東京エレクトロン(8035)

東京エレクトロンは、
半導体製造装置で世界3位の会社です

半導体を作る装置を作る会社だね

ソニーと同じく2000年に株価のピークをつけましたが、
そこからさらに上昇して今は4万円台になっています

お父さんは2年以上前からこの株を持っていて、
2019年にいくつか売っていましたが、
2020年になってからまた買い直しましたね

そう
いまは600株持ってます

通期売上高は
直近ではやや右肩下がりです

ただ、今期は
過去最高の売上高を達成する見通しです

コロナ禍でも堅調だね

通期利益推移はこんな感じ

2014年は純利益が赤字だったんだね

PERは29.44倍
PBRは7.57倍です

高すぎず、安すぎずだね
PBRはちょっと高いかも

信用倍率は3.19倍です

時価総額は約6兆8000億円で、
ダイキンとほぼ同列です
(2021/2/19時点)

売上の構成比はこんな感じ

半導体製造装置が9割以上を占めるね

地域別の売上高は
このようになっています

台湾が一番多く、
次いで北米、中国、日本だね

2月18日の日経新聞で、
・スマートグラス利用の遠隔サポート
・顧客の利用データの蓄積
を安定収益源にする、と書かれていました

東京エレクトロンの納入先の設備の稼働状況や
運用管理の状況をモニタリングし、
また、コロナ禍で海外出張できなくても
独自のスマートグラス経由での指導をしたりすることで、
顧客満足度を高め、
メンテナンスの効率化や維持費の節減に役立たせている

競合先のApplied MaterialsASML
この種のサービスを強化中なので
競争は激しいですが、当面はホールドです

でも需給要因で高騰したら
半分売ります

ブリヂストン(5108)

ブリヂストンは
タイヤで世界首位の会社です

株価はここ数十年間
乱高下しています

こちらもお父さんは2年以上前から持っていて、
何度か売買していますね

そうです
いまは300株だけ持ってます

通期売上高は
やや右肩下がりです

競争が激しいからね

通期利益推移は
こんな感じ

直近では純利益が赤字だね

今期の業績予想は
売上微増、利益は黒字転換する見通しです

順調…というには少し物足りないね

PERは11.11倍です

安いね

PBRは1.35倍です

こちらもまぁまぁ安いね

信用倍率は0.56倍です

買残より売残のほうが多い

時価総額は約2兆9000億円で、
国内では60位以内に入るくらいです
(2021/2/19時点)

売上の構成比は
こんな感じです

多角化」とは?

・スポーツ・サイクル事業
・米州多角化事業
・化工品事業

だそうです

市場別の売上高構成比は
こんな感じです

アメリカが約半分を占めているね

ブリジストンはタイヤメーカーの中では
一番競争力のある会社だと思って投資してきたが、
なかなか競争の激しい業界で
革新的な技術開発もそう簡単ではないようだ

安定した業績の進展は期待できるが、
もっと将来の伸びしろの大きい業界の株式に
銘柄入れ替えを進めたいと考えている

株高になった、かつ
競争が激しい業界なので、
一部売却済み、残りはホールドです

明電舎(6508)

明電舎は、日立や東芝などと並ぶ
重電5位の会社です

株価はここ数十年間で
乱高下しています

値動きの激しい会社だね

お父さんがこの株を買ったのは最近で、
2月に入ってからだったよね

そうです
いまは1000株持ってます

通期売上高は
右肩上がりです

通期利益推移は
こんな感じ

順調だね

ですが、今期は
減収・減益の予想です

PERは23.04倍
PBRは1.29倍です

きわめて標準的だね

信用倍率は4.99倍です

時価総額は約1000億円で、
東証1部の中では680位くらいです
(2021/2/19時点)

売上構成比はこんな感じ

社会インフラ
半数以上を占めているね

連結海外売上高比率は
27.5%です

EV関連銘柄でもあり、
その点で将来が楽しみ

一時の急騰から反落したので
押し目買いした

会社のIRがまったくしょぼいので注目度が低いが、
地味に実力のある会社だと見ています

値動きが激しい銘柄なので、
高騰したらいったん売ります

わかりました!

-企業分析
-, , , ,

執筆者:

関連記事

株式会社ラクーンホールディングス(銘柄コード:3031)について分析してみた

どうも、井上です。 今回は、銘柄コード3031株式会社ラクーンホールディングスについて解説します。 皆さん、ラクーンホールディングスという会社をご存知でしょうか? ラクーンホールディングスは「スーパー …

オークファン(銘柄コード:3674)について分析してみた

どうも、井上です。 今回は、銘柄コード3674株式会社オークファンについて解説します。 目次1 オークファンとは2 オークファンの財務分析3 オークファンの営業キャッシュ・フロー4 オークファンの業績 …

グレイステクノロジー株式会社(銘柄コード:6541)について分析してみた

どうも、井上です。 今回は、銘柄コード6541グレイステクノロジー株式会社について解説します。 グレイステクノロジーは、企業向けにマニュアルの作成やコンサルティングを請け負っている会社です。 企業CM …

くら寿司(銘柄コード:2695)は今が狙い目?最新の四半期報告書をもとに分析してみた

どうも、井上です。 今回は銘柄コード2695くら寿司株式会社について解説します。 目次1 くら寿司とは2 四半期分析3 決算説明資料4 父のコメント5 VS スシロー6 まとめ くら寿司とは 皆さん、 …

航空券予約サイト銘柄【エアトリ(6191)】【アドベンチャー(6030)】【オープンドア(3926)】を徹底比較!!

どうも、井上です。 このたび、父が エアトリは売り アドベンチャーは買い と判断したのでその理由について解説します。 目次1 なぜ航空券予約サイト銘柄なのか2 株価チャート比較3 上場および会社設立の …

プロフィール

井上卓也(いのたく)
公認会計士の父を持つ。
資産にして数億円の株を持つ父だが、
その実態は、銘柄を管理しきれていないズボラな投資家だった。
膨大にあるこの銘柄たちを、息子は管理しきれるか?
はてしない株式投資との戦いが、いま始まる。